地磁気安定ツール Kinomiki(きのみき)
5c4fca4daee1bb13bd509e07

地磁気安定ツール Kinomiki(きのみき)

残り1点

¥6,500 税込

送料についてはこちら

Tensor Ring(テンソル環)を利用して製作した地磁気安定ツール。 原材料:銅線、クリスタル、砂鉄、アルミニウム、オブシディアン、レジン ******************************** 【テンソル環について】 テンソル環については、 英文サイトで情報が掲載されているので、 日本語のサイトでは、まだ紹介されているところがないかもしれません。 こちらがその英文サイトです。 http://humansarefree.com/2013/11/the-amazing-tensor-ring-pineal-gland.html ここに掲載されている銅線でできた1本の銅線をねじってある決まった長さで環にしたものをテンソル環と呼んでいます。 この環には、特別な働きがあって、 詳細は、上記でご紹介させていただいたページにあります。 こちらでは、 自動翻訳機で一部訳したものを以下にてご紹介させて頂きます。 もしよろしければ、お時間あります時にご覧下さい。 Tensor Ring(テンソル環) Slim博士が折り曲げた長さのワイヤに右回りのねじれをかけ、 端を互いに閉じて閉じると、Ring内の電磁界がキャンセルされました。 これにより、無極性の光の柱ができました。 機能するTensor Ring(テンソル環)を作成するための2番目の条件は、ワイヤの長さです。 多くの人々は、世界中の巨石の構造からの測定単位であるCubitについて聞いたことがあります。 Spurling Ringsのための特定のCubit長さはギザの大ピラミッドから来ます。 王の商工会議所の中から失われたシンボルを見つけて解釈したDoug Benjaminは、 このシンボル内で4つの異なるキュビトの長さを発見しました。 ダグはこれらのキュビトの長さを2セット使って、 有害な地磁気線を効果的に中和することによって「聖なる空間」を作り出しました。 スリム博士は、1980年代にデンバー地域の磁石のマイスナー効果GDVイメージングを 作成するテンソルリングとマグネットのGDVイメージングにおけるジオパシー的ストレス改善のために このキュビットのセットを使い始めました。特定のキュビト長のロッドが地面に打ち込まれて、 ハートマングリッド線の有害な影響を中和しました。 私たちが興味を持っているCubitは、Royal Cubit(52.5 cm)です。 これは、最初の作業中のTensor Ring(テンソル環)で使用されていた長さです。 ハンス・ベッカーによれば、 「ロイヤルまたはセイクリッドキュビットの共振周波数は144,000 Hzです - 光速の調和です」。 スリムはセイクリッド、またはロイヤル、キュビトの長さを地球の極半径の1000万分の1であり、 水素原子の半径と質量との関係を持つとしています。 「スリムとハンス・ベッカーは、ついに23.49インチ(59.69 cm)の長さの別のキュビトを特定しました。 彼らはこれをLost Cubitと呼んでいます。なぜなら、それは故意に多くの古代の書面による記録から 除外されているかもしれないからです。 一方、(Royal)Cubit長さを使用して作られたリングは144 MHzで共振します。 Lost Cubit長を使って作られたリングは、177 MHzのより高い周波数で共振します。 観察を通して、1/8, 1/2, 1½, 2, and 3½キュビット長のツイストワイヤもまた、 機能するテンソルリングを生成することが決定された。 Hans Beckerによる測定によると、 1/2キュビットのスパーリング・リング(26.25 cm)は、 まだキュビットの全長52.5 cmと同じ144 MHzを放射しています。 実験によると、ランダムな長さのツイストワイヤが必ずしも有効なTensor Ringを作成するわけではなく、 すべてのキュビット長が有効なRingを作成するわけではありません。 私の個人的な実験から、テンソル場を作るもう一つのキュビトの長さが明らかになりました。 スリム博士の未亡人は、さらにもう1つの長所へのアクセスを持っています。 64の異なるCubit長さがあったと仮定されています。私は19を知っています。 これらはすべて厳重に保護されています。 Tensor Ringsを作成するための知識と同じです。